サラリーマンが加入する社会保険制度について

一般的に、フルタイムで会社勤めをしている場合には、会社はその従業員を公的な保険に加入させなければなりません。サラリーマンが加入する公的な保険として、大きくは、雇用保険、労災保険労災保険、健康保険、介護保険、厚生年金保険があり、それぞれを取りまとめる法律によって運営されています。雇用保険と労災保険は併せて労働保険と呼ばれており、また、健康保険、介護保険、厚生年金保険を併せて社会保険とよばれておりますが、この全てをまとめて広義の意味で社会保険という言葉が用いられることもあります。保険料については、労災保険は全額事業主負担となっている以外は、労使が折半し、事業主が管轄の役所に保険料を納める仕組みになっています。従業員負担の社会保険料は毎月支払われるお給料から預り金として控除しております。なお、健康保険、介護保険、厚生年金保険は月単位での保険料徴収となっており、月の途中で退職した場合には保険料がかからないようになっております。

ニナファーム 大島

仙台市青葉区の写真館

七五三撮影をおしゃれに

株式会社ヤマダ電機

エコカラットの施工はお任せください!!

法律 まとめ関連一覧

廃棄物の処理及び清掃に関する法律において、廃棄物処理の基本原則を大きく3つにまとめると、次のとおりと

廃棄物処理の基本原則について

労働安全衛生法に基づく主な法律上の教育についてまとめます。先ずは「能力向上教育」です。これは安全衛生

労働安全衛生法上の教育について

労働安全衛生法(労安法)は労働基準法と相まって、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の

労働安全衛生法の概要まとめ

Copyright(c) 法律 まとめ All Rights Reserved.